会社員給与で年収1,000万を突破するには「3つの壁」がある

転職活動

会社員で年収1,000万円は難しい

タイトルはそれっぽく付けて、「3つの壁」はとある本のパクりです。

転職活動を終えて僕が思ったのは「会社員」という条件付きで年収1,000万円を超えるのって結構難しいな、てことでした。

転職とか以前に働くなら、お金欲しいじゃないですか。
御多分に洩れず僕もお金スキーなんです!

お金欲しい!お金欲しい!お金欲しい!

でも、

投資とかアフィリエイトとかのいわゆる副業を抜きに会社からの給与のみ。
かつ年齢はそうですねー30歳前後で達成するという条件で考えるとやっぱり相当なハードルだなと思います。

日本で新卒から入って30歳前後で年収1,000万円を超えるって何がありますかね?

総合商社、テレビ局、戦略コンサル、投資銀行、営業系(MR)とかですかね?

こんな業種・企業に新卒で入れてない人たちってどうすれば良いのでしょう。
乗り越えるハードルは具体的には大きく3つあるなーと。

そんなことを初めての転職活動を通じて感じました。

ハードル①「外資の壁」

これは参考にした本と全く同じなんですが、実際すごく感じました。

例えばコンサルで言えば外資系企業はとにかく条件が良いです。

マッキンゼー、ボスコン、ベインなどがそれです。

だいたい下から二番目くらいの職位(コンサルタント)でも1,000万円は軽く超えてきます。
それに未経験転職であっても関係なくオファー年収が高いみたいです。
実際、転職活動中に転職エージェントの担当者に聞いたところ、日本企業で600万の年収がマッキンゼーで1,200万オファーを貰ったとのことでした。

一方、日系のコンサル会社の場合は未経験転職かつ30前後であれば良くて900万円オファーで、700~900万円くらいがレンジでしょうか。実際に僕も最高額のオファーで900+ボーナス評価の上振れ分というのが限界でした。

これは実際複数のオファー面談をして比較しましたがやはり厳しかったですね。

外資であってもアクセンチュアの非戦略とかはそれ程でもないです。

事業会社への転職でも実際にエージェントに聞きに行きましたがリクルート系でも30歳前後だと800万前後くらいが相場だそうです。

なので、どこかで外資の壁を超えたいですねー

ハードル②「激務の壁」

二番目は「激務の壁」です。

これはアンド条件かもです。
激務だから高収入なのか、高収入には激務にならざるを得ないのか、どちらも言えると思います。

激務を選択しさえすれば1,000万円を突破するのかと言われれば必ずしもそうでないのかもしれません。当然、結果が求められるのは言うまでもないです。

例えばイメージ的に言うと光通信なんかは一昔前、世間ではいわゆるブラック企業と言われてました。*今はどうかは知りません。

ものすごい働き方をしてその代わり一気に稼いで独立する。そんなイメージです。

これって世に言う「ブラック企業」なんでしょうか?その定義は様々ですが、僕の考えでは全然ブラックではないと思います。だって、働いて成果を出したらその分、会社が報いてくれるじゃないですか。すごくフェアだと思います。

これは不動産販売などの営業インセンティブが付いているような業種も全てそうだと思います。あくまでも「個人の選択」の問題であって、その人が選択をするかしないか、それだけです。

また、こういった業種は入社難易度が高いかどうかと言われればそこまで高くはないでしょう。
大量に採用し、向き不向きによって大量に入れ替わるような組織体系になっていると考えると結局はこれは「個人の選択」の問題になります。当然、結果を出さなければ高給は得られないでしょうが、必要条件として「激務」という壁が存在していると思います。

つまり、ファーストステップとして「激務」それも「超激務」を選択する覚悟がありさえすれば割と1,000万円が現実味が帯びてくるわけですね!

でも、バリューは出そう!

ハードル③ 「スキルの壁」

最後は「スキルの壁」です。

これは簡単に言うと要は弁護士、公認会計士とかの資格系のスキルが分かりやすいですね!

それ以外にも実はあって「経営スキル」が重要だなと思いました。

未経験転職において優遇というか評価される現職ポジションて

経営企画 > 事業戦略 > 事業企画 >>>> (超えられない壁)>>>> 営業

大体こんな感じです。これはどの業界であってもほぼそうだと思います。

第二新卒とかだとその限りじゃないんでしょうが、30歳前後になってくるとこの「スキルの壁」はめちゃくちゃ感じました。これが理由で途中で落ちた企業も実際ありました。

僕は企画系の仕事だったのでなんとか外資戦略コンサルの序盤戦も通過できましたが、
エージェントには営業だけだと無理とはっきりと言われました。

つまり、転職で年収1,000万円を考えている人は社内異動で上流の職種にチェンジした方が良いです。

社内公募制とかがある会社であれば絶対手を挙げて挑戦しましょう!!ふがふが!

まとめ

転職すれば年収上がるぜ!うほ!って思ったらそーではないよって話でした。

因みにこの投稿のきっかけとなったとある本はこちらです。

未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫) | 渡辺 秀和 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで渡辺 秀和の未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。渡辺 秀和作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また未来をつくるキャリアの授業 最短距離で希望の人生を手に入れる! (日経ビジネス人文庫)もアマゾン配送商品なら通常...


それでは最後にこれを唱えましょう!

お金欲しい!お金欲しい!お金欲しい!


コメント

タイトルとURLをコピーしました